これだけは知っておこう|育て方にコツあり!パキラを失敗なく大きくしよう

ポイントを押さえて依頼~植木屋さんにお願いしてみよう~

これだけは知っておこう

園芸

植木の剪定はプロに任せる

植木の剪定は、プロへ任せれば正しく行って貰えます。庭の美しさを維持し、病害虫から植物を守れるのが理由です。病害虫対策では薬剤の散布を行いますが、植木に合った薬剤を適切に散布して貰えるため樹木を健康的に育てられます。また、剪定を正しく行うには、新芽が向く方向へ枝が成長していく、枝の太さにより新たに伸びる枝の性質が異なるなど、木がどのように育つかの知識が必要です。間違った剪定では樹木が美しい形に成長しません。しかも、植木の剪定にはごみ処理がつきもので、植木が多い庭であればある程、処理に時間がかかるなどの問題が出ます。プロへ任せれば、剪定からごみの処理までトータルで請け負って貰えるのがメリットです。

個人が植木屋に依頼した場合の平均価格相場

植木屋へ依頼した際の料金体系は、作業に掛かる費用と剪定で出た不要な枝などの搬出や処分に掛かる費用を合わせたものが一般的です。例えば大阪での職人単価は、約1万8千円から2万5千円が平均で、関東は大阪より少し高めと言えます。また、足場が悪いなどの作業環境によっても料金は上乗せされるでしょう。搬出や処分の費用は、運搬に掛かる費用のほか、必要となったゴミ袋の枚数や、トラックの台数で計算されるのが一般的です。剪定する植木ごとの相場は、3メートルまでが5千円、3メートルから5メートルまでが1万円、5メートルから7メートルまでが2万5千円程度とされますが、植木の数や庭の環境、地域などにより異なると言えます。

庭木の手入れは定期的に行おう

植木の手入れは定期的に行うと、樹木は正しく成長します。例えば、樹木はその種類ごとに剪定を行う適した時期があり、落葉する樹木は冬季に、針葉樹は春季にと、同じ庭の植木でも手入れを行う時期は全く異なるのです。剪定の時期を誤ったり、放置したりすると成長した枝と枝の距離が近くなり、風通しや日当たりに問題が出る場合もあります。見かけだけでなく病気を防ぐためにも手入れは定期的にすべきです。また、気付かない内に枯れた木があった場合、定期的に手入れを依頼しておけば予想外のトラブルを防げるのもメリットです。枯れ木は倒れやすいほか、根に害虫が発生しやすく、シロアリなどであれば住宅に被害が及んでしまう場合もあります。

広告募集中